アフェリエイト広告を利用しています

大人ピアノ

ピアノオンラインレッスンのやり方とメリット・デメリットも解説

ピアノオンラインレッスンのやり方とメリット・デメリットも解説

新型コロナ感染拡大の影響を受けて、オンラインレッスンが増えつつあります。

ピアノのオンラインレッスンもそのうちの1つですね。

演奏者
ピアノをオンラインレッスンでやるってどういうこと?どういうやり方でやるの? 

と思う方が多いと思います。

まずは、スマホやパソコンを使ってインターネットにつなぐ作業から始まります。

それから、手がよく映るように角度を考えないといけません。

スマホの操作が苦手な方にとっては少々面倒な作業ですね。しかし、

筆者
準備までには少し手間がかかりますが、メリットもたくさんあるのです。 

この記事のポイント

  • ピアノのオンラインレッスンのやり方
  • ピアノのオンラインメリット・デメリット

私の実体験を通して解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください!

ピアノオンラインレッスンのやり方は?

ピアノレッスン

ピアノオンラインレッスンは、どうやってやるのかイメージしにくい方もまだ多いかと思いますが、使い方によってはとてもいい点があります

私の子供たちは、オンラインレッスンを経験しました。

やり方としては

やり方

  1. 先生とインターネットでつなげる(zoom,skype,LINEなど)
  2. ピアノの横に鍵盤と手が写るようにスマホやタブレットを設置
  3. 実際に弾いて先生がアドバイスをする

これだけです。

アプリによっては通信がいいものと、そうでないものがあるので、試してみるといいです。

子供たちは最初は少し照れながらレッスンを受けていましたが、不自由なく終わらせることができ、カメラ越しであっても、そう特別感はないようでした。

私が近くにいると気が散ってしまうようだったので離れていましたが、どんなことを言われているのか、様子がよく分かったのでオンラインでもほぼ満足しました。

しかし、少し気になる点もありましたが、後ほどご紹介します。

ピアノオンラインレッスンのメリット

では、細かくどんなメリットがあるのかを4つ解説していきます。

メリット

  • ピアノ教室までの移動時間を省ける
  • 感染の心配がない
  • どこにいてもレッスンを受けることができる
  • 親がレッスンの様子を見ることができる

ピアノ教室までの移動時間を省ける

移動時間を考えなくてすむということは、オンラインレッスンの最大のメリットともいえます。

特に、交通機関を使って通っている方には嬉しいメリットですね。

時々「なんだか行くのが億劫」と思うこともあるかと思います。

例えば雨の日やとても寒い時期など。

また、お子さんの場合、送迎の手間が省くことができます。

オンラインレッスンであれば気にしなくてすみますね!

感染のリスクを回避できる

筆者
交通機関を使っての移動が不安な方でも、感染のリスクが避けられるという点では安心ですね。

また、ちょっと咳がでた、家族の誰かが風邪をひいた、というだけでも休まなければいけないこの時期に強いのは、やはりオンラインレッスンです。

どこにいてもレッスンを受けることが出来る

ピアノレッスンを受ける場所は自宅ではなくてもできるのです。

例えば

メリット

  • ピアノが自宅にない場合はレンタルスタジオから受けられる
  • 遠方からでもレッスンを受けることができる

このように、場所を選ばずにレッスンを受けることができるのです。

親がレッスンの様子を見ることができる

子供にピアノを習わせている親にとっては、とても嬉しいことだと思います。

普段見られない姿を見ることができるからです。

きちんと先生のアドバイスを聞きながら、一生懸命弾いている姿が見られますね!

「恥ずかしいから見ないで」と言われることもあるかもしれませんが…。

また、初心者におすすめの教材もご紹介しています!ぜひ参考にしてください。

ピアノオンラインレッスンのデメリット

スマートフォン

次に、ピアノオンラインレッスンのデメリットを紹介します。

デメリット

  • インターネット接続の環境が必要
  • インターネットの接続環境によっては途切れることも
  • 電子ピアノしか持っていない
  • 子供はじっとしていられない可能性がある

インターネット接続の環境が必要

オンラインということなので、まずは先生、生徒、両方のインターネット環境が必要になるということです。

また、パソコンやスマホの操作が苦手な人だと、少し苦痛に思うことも。

インターネットの接続環境によっては途切れることがある

通信状態が悪いと、上手くつながらないことがあります

私も経験したのですが、途中でカメラが写らなくなったことがあります。

他に声が途切れたこともありましたが、wi-fiのルーターの場所を移動することで解決しました。

もう一つ、オンラインではよくあることですが、ほんの少しのタイムラグが生じました。

先生の手拍子に合わせて弾く時に、ズレが出てしまったのです。

オンラインならではのデメリットを感じました。

自宅が電子ピアノの場合は生ピアノで練習できない

電子ピアノで練練習している人は、生のピアノに触れることができません

ピアノを本格的にやりたいという方は、対面レッスンがいいですね。

こちらでは電子ピアノとアップライトピアノのメリット・デメリットをご紹介しています。

電子ピアノとアップライトピアノのメリットとデメリットを比較!

続きを見る

子供はじっとしていられない可能性がある

まだ小学校に上がる前の小さなお子さんの場合、オンラインレッスンではずっと座っていられない可能性があります。

途中であきてしまう、親が近くにいると甘えがでてしまう、などが考えられます。

また、独学でピアノを練習する方は、定番のピアノ教本をレベル別に紹介しています。ぜひ参考にしてください。

独学で学ぶための定番ピアノ教本の順番をレベル別に紹介!
独学で学ぶための定番ピアノ教本の順番をレベル別に紹介!

続きを見る

ピアノオンラインレッスンのやり方は簡単!ぜひ利用してみよう

ピアノのオンラインレッスンのやり方は、オンラインにつなげてピアノの横に設置するという、簡単な作業でできます。

そしてメリットとしては

  • ピアノ教室までの移動時間を省ける
  • 感染の心配がない
  • どこにいてもレッスンを受けることができる
  • 親がレッスンの様子を見ることができる

以上のようなメリットがあることが分かりました。

筆者
移動時間がないことと、場所を選ばずにレッスンを受けられるのはオンラインならではですね 

また、趣味として弾きたい、生ピアノではなくてもとにかく弾いて楽しみたいという方にもおすすめです。

メリットだけではなくデメリットもよく吟味してみるといいでしょう

ぜひ、参考にしてみてください!

DVDレッスン

・オンラインレッスンではなく、DVDを見ながらのレッスンも人気です!

株式会社グッドアピールではピアノの他にヴァイオリン講座もあります。

【初心者向けヴァイオリンレッスンDVD&楽器セット】

わずか30分で弾けるような内容が詰まっています。

ヴァイオリンは敷居が高い思い込んでいる方、それを覆すような充実した内容になっています。

全くの初心者でも、たったの30分でヴァイオリンが弾けます。
楽器もセットで、届いたその日に始められます。
>>>詳しい内容を今すぐ見てみる