アフェリエイト広告を利用しています

子供ピアノ

4・5歳の子供をピアノ教室に通わせるメリットと選び方を解説

4・5歳の子供をピアノ教室に通わせるメリットと選び方を解説

ピアノ教室に小さいうちから習わせるといいと言われると「早く習わせたい!」

と、思ってしまいますね。

2歳、3歳はまだ早いし、4歳・5歳ならそろそろ…と思われるでしょう。

一般的にピアノ教室では4歳から受け入れているところがい多いのです。

4歳からレッスンを始めるメリットと、選び方をご紹介していきます。

ピアノ教室に4・5歳から通わせるメリット

子供をピアノ教室に習わせるメリットを4つご紹介します。

先生のいうことを理解できるようになってくる

4歳から5歳になると、言葉の意味や番号など理解できるようになってきます

したがって、先生の言葉もわかるようになり、レッスンがスムーズに進みやすくなるのです。

表現力が身に付く

4歳から5歳の時期に、いろいろな音を聴いたり弾くことを覚えると、音に合わせた表現力が身につきます

表現する楽しさを味わうことで、感情豊かな「こころ」を育んでいくことができるでしょう。

絶対音感が身に付きやすい

聴覚の発達がさかんな幼児期。この時期に音に触れさせることは、絶対音感がに身に付きやすい時期だと言えるのです。

個人差があるので必ずとは言えませんが、訓練していけば身に付く可能性は高いです。

絶対音感についての記事も併せてご覧ください。

この幼児期に絶対音感が身につきやすい、そしてそれは英語を聴く力も身につきやすいと言えます。

子供から英語を始めるメリットについても解説しています!

一人で椅子に座れるようになる

親御さんの膝の上からは卒業の時期です。

まだ長い時間は難しいですが、レッスンの間は椅子に座っていられるようになってくるでしょう。

ピアノ教室のメリット・デメリット

ピアノ音楽教室のメリットとデメリットを説明していきますが、ピアノ教室は大きく分けて2つに分けられます。

ピアノ教室

  • 大手音楽教室
  • 個人ピアノ教室

それぞれのメリットとデメリット・選び方を説明していきます。

大手ピアノ教室のメリット・デメリット

大手ピアノ教室のメリットから解説していきます。

メリット

  • 大手音楽教室独自の教材、カリキュラムが統一している
  • 全国展開しているので、引っ越しした先でも引き続きレッスンを受けられる
  • 講師が複数人いるので、替えることができる
  • 年に一度音楽教室主催のピアノの発表会がある

大手というとまず安心感がありますね。ピアノの発表会があると、モチベーションが上がって早い上達にもつながり、晴れ舞台へ立つ経験もさせてあげることができます。

次にデメリットです。

デメリット

  • レッスンの会場の維持費がかかるため、費用は高め
  • レッスンの振り替えができない

レッスン会場、冷暖房費など上乗せされるので、少し高くついてしまいます。

個人ピアノ教室のメリット・デメリット

個人ピアノ教室のメリットです。

メリット

  • その子の発達状況や個性に合わせて教材をきわめてレッスンを進められる
  • レッスンをお休みしても振替をしてくれるところがある
  • 大手音楽教室よりも月謝が比較的安い
  • 探せば家から近い場所にある

急に体調を崩した、ということは子供にはよくあることです。個人ピアノ教室なら、振替をしてくれるところがあります。確認してみましょう。

個人ピアノ教室のデメリットはどうでしょうか。

デメリット

  • ずっと一人の先生なので、もし合わなかったら続けることが困難になる
  • 発表会を行わない教室もある

発表会は行うところもあるので、要確認です!

また、子供にピアノの練習をさせるときに悩むことが、なかなか練習しないことですね。

そんな時にどういう対応したらいいのか練習しない時の対処法を紹介しています!

4歳・5歳の子供に合ったピアノ教室の選び方

ピアノ教室に通わせようと思ったときの選び方のポイントをご紹介します。

ピアノ教室の選び方のポイント

それぞれのピアノ教室のメリットとデメリットをもとに、選ぶときに次の項目を見てみましょう。

ポイント

  • 月謝の費用
  • 通いやすさ
  • 振り替えがあるか
  • 発表会をがあるか
  • 無料体験レッスンがあるか

それでは、説明していきます。

月謝の費用

ピアノ教室の月謝は、大手ピアノ教室は設備費が含まれるため、高めに設定されています。だいたいの相場は大手ピアノ教室では7千〜1万ぐらい、個人ピアノ教室では5千から7千ぐらいです。

筆者
ピアノ教室は決して安くありません。長く通うことも考えながら決めたいですね。

通いやすいか

大手ピアノ教室では全国的に展開してはいるものの、家の近くとは限りません

一方、個人ピアノ教室は、よく探せば比較的家の近くにあることが多いです。

お子さんが成長して、一人で通える範囲内にあるかどうかを考えてみるといいでしょう。

振替できるか

子供は急に体調を崩すことがよくあります。

そんな時に急にピアノをお休みしないといけなくなった場合、振り替えができるかどうかは大きなポイントとなってきます。

筆者
個人ピアノ教室は融通がききやすいですが、教室によって異なるので、必ず確認しましょう。

個人ピアノ教室は融通がききやすいですが、教室によって異なるので必ず確認しましょう。

発表会があるか

発表会は練習の成果が発揮できる場所。お子さんが一生懸命弾いている姿は、見ていてうれしくもなります。

大手音楽教室では、ほとんど発表会はあります

しかし、個人ピアノ教室も大規模ではなくても積極的に発表会を行うところもあるのです。

無料体験レッスンがあるか

初めてピアノ教室に通わせるときは、不安になると思います。

筆者
どんな先生なのか、お子さんに合っているのか知りたくなりますよね。

最初はわからないことばかりです。無料体験があるピアノ教室を選んで積極的に体験してみましょう!そうすることで、子供がどんな反応を示すのかわかりますね。

クラシック中心のピアノ教室なら、椿音楽教室がおすすめ!詳細記事をぜひ参考にしてください。

椿音楽教室のここがおすすめ!コースや料金・口コミも紹介
椿音楽教室の口コミは?コースや料金・体験レッスンについても解説

続きを見る

ピアノ教室に4・5歳から通わせやすい環境づくりを!

4歳という、まだ幼い時期のピアノの教え方をご紹介してきました。

幼いけれど、どんどん知能が発達していく時期なので、ピアノを始めるのに早すぎるということはありません。

まずは音を聴いて、親御さんも一緒に遊びながら教えてあげるところから始めてはいかがでしょうか。

ピアノは楽しいと思えると、どんどん伸びていくでしょう

そして、ピアノ教室に通わせる際にも、今回ご紹介した選び方のポイントを参考にしてください。

何よりも子供が楽しいと思えることが一番なのです。