アフェリエイト広告を利用しています

大人ピアノ

保育士になるためにピアノは必須?ピアノレベルと練習方法は?

保育士になるためにピアノは必須?ピアノレベルと練習方法は?

保育士はピアノが弾けないとなれない、ピアノが弾けることが当たり前のように思われています。

演奏者
保育士になりたいけど、ピアノが苦手…。
ピアノが弾けなくても保育士になりたい。
悩む演奏者

このような悩みを抱える方も多いと思います。

必ずピアノが弾けなければ保育士になれないのでしょうか?

今回の記事

  • 保育士はピアノは必須なのか
  • 保育士になるためのピアノのレベル
  • ピアノのスキルを付けるための練習方法

これらについて解説していきます!

保育士になるためにピアノは必須?

保育園

保育士になりたいけど、ピアノが弾けないといけないと思われている方は多いと思います。

ピアノは必須なのかを解説していきます。

ピアノが弾けなくても保育士になることは可能

結論から言うと、ピアノが弾けなくても保育士になることは可能です

それは、資格取得試験の内容によります。

保育士資格取得方法は下記の2つになります。

保育士の資格取得方法

  • 独学で学ぶ
  • 大学、短大、専門学校で学ぶ

では、一つずつ解説していきます。

独学で学ぶ場合はピアノは必須ではない

保育士の資格取得試験には、音楽表現・造形表現・言語表現の3つがあり、独学で学ぶ場合2つ選択して受験することになっています。

音楽表現にはギター・ピアノ・アコーディオンの3種類から選択することができます。

したがって、ピアノが弾けない場合は造形表現・言語表現を選択すればいいということです。

大学・短大・専門学校で学ぶ場合はピアノは必須

専門の学校に通って資格取得する場合は、ピアノが必須となっていて、ピアノが弾けることが卒業条件にもなります

授業でピアノの練習をするので、苦手と思っていても技術が身に付けられるようになっていくのです。

保育士になるためにはピアノが弾ける方が有利

ピアノが弾けなくても保育士になることはできると述べてきましたが、保育園はピアノを弾く場面が多いため、弾けた方が有利です。

ピアノが弾ければ幅も広がります。

筆者
就職試験を受けるまでには、簡単な曲が何曲か弾けるようにしておくのが理想です。

それでも「どうしても苦手」なら、ピアノを使わない保育園もあるので、事前に確認しておくといいでしょう。

保育士になるためのピアノのレベルはどれぐらい?

保育士になるためのピアノスキルはどのぐらい必要なのでしょうか。

バイエル終了程度

保育士になるためには、バイエル終了程度のレベルを求められることが多いです。

しかし、技術だけがあればいいというわけではなく、「簡単な子供向けの歌を歌いながら弾いたり、伴奏が弾ける」。

これができれば充分なのです。

関連記事
バイエルの次はどんな教本?バイエル終了までにかかる期間についても解説
バイエルの次はどんな教本?バイエル終了までにかかる期間についても解説 

続きを見る

保育士になるためのピアノの練習方法

ピアノ練習

保育士になるためのピアノの練習方法について解説していきます!

ピアノの練習方法

  1. 子供用の教本を使って練習
  2. 片手ずつ練習する
  3. 歌いながら弾いてみる
  4. ピアノのDVDで動画を見ながら学ぶ
  5. ピアノ教室に通う

①子供用の教本を使って練習する

子供用の教本はとてもわかりやすくできています。

指番号から楽譜の読み方まで、しっかりと記載されている教本を選んで練習してみることをおすすめします。

指番号や、楽譜を読む訓練を行いましょう

関連記事
譜読みは苦手・楽譜を早く読めるようになるコツと練習方法を解説!
譜読みの練習方法!早くなるコツをおさえて苦手を克服

続きを見る

②片手づつ練習

指番号や楽譜が読めるようになったら、鍵盤を見ながら弾く練習です。

楽譜と鍵盤の音をよく見ながら正確にゆっくりと弾いていきます。

何度も繰り返しましょう。

③歌いながら弾いてみる

メロディを弾くことに慣れてきたら、保育園でよく歌いそうな子供向けの曲を選んで弾いてみます。

それに合わせて自分でも声を出して歌ってみましょう。

伴奏を練習するときは、左手を右手以上に練習するといいですよ。

ピアノを持っていない場合、キーボードや電子ピアノから始めることをおすすめします!

それぞれの違いとおすすめを解説しているので、参考にしてくださいね。

関連記事
キーボードと電子ピアノの違いは?ピアノの練習にはどっちがいい?
キーボードと電子ピアノの違いは?ピアノの練習にはどっちが向いてる?

続きを見る

④ピアノのDVDなど動画を見ながら練習する

独学でピアノを学ぶなら、動画を見ながら学べるDVD付きの教材がおすすめです。

手元がしっかり見える動画、練習方法まで詳しく解説しているので忙しくても自分のペースで進めることができるようになっています。

・ピアノ楽譜 バイヤーバイエル
大人のための独習バイエル・上巻

・ピアノ楽譜 バイヤーバイエル

大人のための独習バイエル・下巻

・30日で弾ける初心者向けピアノレッスン3弾セット

・楽譜が読めない

・そもそもピアノを弾いたことがない

・知ってる曲が弾けるようになりたい

・楽しく学びたい

このような方におすすめの教材です!

≫≫初心者向けピアノ講座DVDを詳しく見る

⑤ピアノ教室に通う

独学で挫折しそうなら、ピアノ教室に通う方法もあります。

しかし、保育士になるためだけの目的で費用やレッスンに行くための時間を考えると少しハードルが高いかと思います。

それでもやってみたいと強い意志を持っているのであれば一番早い方法かもしれません。

・その中でもBeeピアノ教室に保育士&幼稚園先生の対策コースがあります!

ぜひ、チェックしてみてくださいね!

また、ピアノのオンラインレッスンも多数あるので検討してみるのもいいでしょう。

Beeピアノ教室の評判は? 保育士コースがあるって 本当?
保育士コースがある?Beeピアノ教室の口コミと無料体験について解説

続きを見る

ピアノのオンラインレッスンのメリット・デメリットについての記事を参考にしてみてください。

ピアノがどうしても弾けない場合は?

保育士を目指して頑張って練習したけど、やっぱり弾けない!試験までに間に合わない!

でも諦めないでください。

ピアノが弾けなくてもよい保育園を探す

ピアノを必要としない保育園もあります。

ピアノを使わないでCDを流して歌ったり、手拍子で歌ったりする園もあるので問い合わせてみるといいですね。

ピアノ以外の楽器を使って楽しむ

ピアノ以外にギターやアコーディオンを活用する方法もあります。

歌はピアノが多いけれど、ギターやアコーディオンを使って園児と楽しむこともできるのです。

他の先生がピアノを弾いているときは一緒に歌ったり振り付けをしてうまく乗り越えてみましょう。

保育士になるためにはピアノは必須ではないけど弾けると有利

保育園

ピアノが弾けなくても保育士になれるということがわかりました。

ピアノを設置していない保育園を根気よく探してみましょう。

しかし、現場ではピアノのスキルを求められることが多いので、少しでも弾けるようにしておくのがベストです。

DVD付きのピアノ講座であれば、わかりやすく解説しているので忙しくても自分のペースで学ぶことができるのでおすすめです。

独学ではなく講師から直接レッスンを受けたい場合は、Beeピアノ教室も検討してみるのもいいでしょう。

少しずつチャレンジしてみてはいかがですか?